合宿免許 期間

おおよそ期間は14日間とされています。
これは、法定の最低教習時間数と、それぞれの検定回数、さらには1日あたりの最大乗車時間(仮免取得前:2時間/1日、仮免取得後:3時間/1日)から決められています。

都道府県の公安委員会によっては、一部規定が違いますから、13-17日とされていますが、2県を除いて14日間とされています。
横並び意識があるだけでなく、実際の必要時間から算出されているのです。

2週間という期間は短いようですが、親元を離れて見知らぬところにこれだけの長期間過ごすというのは、けっこうストレスになります。
しかも、この間の期間に一緒なのは、知らない人たちばっかりですから、女性の参加者はできたらお友達と行かれることをおススメします。
男性でも、しつこく誘ってくる人もいますし、寝泊まりするところは別とは言え、宿舎まで追いかけてくる人もいます。

… この辺は意外と疲れるかも (笑)

でも、お友達がいたとすると、この手のストレスを軽減できます。
むしろ、女性であっても男性を含めて楽しく時間を過ごせます。

あと、期間は少し延長されることを覚悟しておいてくださいな。
検定試験と見極め試験がそれぞれ2回ずつありますから、ここで1度は引っ掛かるわけです。
… つまり、期間は20日程度かかる人も多いハズ (^^)b

そうやって、少し期間的なバッファを持っておくことをおススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA